ヴィクトリアマイル 感想など

 結局、ヴィクトリアマイルの予想が書けませんでしたが、久々にテレビ観戦が出来たので、遅ればせながら感想など書きたいと思います。

 私の直前予想では、①東京コース実績、②マイル実績 ③千八以上の実績 ④休養明け…を加味し、以下の4頭に絞りました。

◎ エアメサイア
○ ダンスインザムード
▲ ラインクラフト
△ ディアデラノビア

…結局、1番人気から4番人気までという堅い予想となってしまいました。
 ◎エアメサイアは「マイルでは距離不足」が囁かれていました。私も一番気になったのはそこでした。しかし、東京千六は、単なるスピード馬では勝てないコースです。当日は馬場がやや重であり、パワーとスタミナが要求されるだろうと思い、コレで決めたのです。逆に、1番人気のラインクラフトは、過去2戦のレースぶりから、スピードが勝った馬になりつつあるなと思われました。
 馬券としては、ヴィクトリアマイルの新聞、テレビともピンク(テレビCMでは、井崎氏がピンクの服を着ていた。)がやたら目立ったので、8枠が絡むだろうという「オカルト予想」(牝馬限定戦では、コレが意外と来るのです。)を立て、8枠エアメサイアから3点流しとしました(まあ、私が武豊ファンということもありますが…(苦笑))。

 結果、ダンスインザムードが内枠を利して見事な抜けだし、◎エアメサイアは外から急襲したものの届かず2着までという結果になりました。結局、内の経済コースを通った馬が勝ち、外外を回され、当日は水を含んで伸びない外から差してきた馬が2着。「枠順の差」がモロに出たような気がします。
 ダンスインザムードは、東京2000m、古馬一線級との対決だった天皇賞(秋)3着は伊達ではありませんでした。エアメサイアは負けてなお強しの印象。東京千六であのような差し脚がある馬は、秋も期待できます。次は札幌記念だそうですが、春はココまでとはちょっと惜しい気がします。
 1番人気のラインクラフトは見せ場無く沈みました。馬場の巧拙もあるでしょうが、古馬になってマイルよりも短い距離…「短距離馬」になったような気がします。ラインクラフトと同じくNHKマイルCを勝った馬では、シーキングザパールもマイルでは届かず…な感じでしたね。

 さて、次はオークス。混戦模様のようですが、混戦だけに逆に的中させたいレースですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック