さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫) 感想

◎ 青過ぎる…しかしそれがいい!

 学園の変人たちの集まり「さくら荘」。そんな寮に入ってきた椎名ましろは、可愛くて清楚で、しかも世界的に有名な天才画家だという。しかし彼女は「生活破綻少女」だった。寮生達から「ましろ当番」に任命された主人公・空太とましろとの寮生活は…。
 変態と天才と凡人が織りなす、青春学園ラブコメディ。

 タイトルを見ての印象は、一種の育成モノかイジられやすい少女の話かなぁ…というものでした。
 しかし、読んでみて良い意味で裏切られました。

 前半は、空太がましろに振り回される様が中心のストーリーですが、後半に入り、絵の才能があり、なおかつ新たなモノに懸命に取り組むましろと比べて、何も取り柄のない自分、努力しない自分、気付かないうちにましろの才能に嫉妬している自分、そしてこのままましろのそばに居続けて良いのか悩む空太の姿が「進路調査」、そして美咲と仁という2人の先輩の姿と絡めて浮き彫りになっていきます。

 とにかく青い。青過ぎる。青春してますよ、彼らは。そんな青過ぎる青春恋愛ストーリーを読むと、何故かノスタルジーを感じる自分がいます。

 ちなみに、空太は台詞の9割がツッコミというツッコミ体質だし、美咲先輩(この呼び名はWhite Album思い出すなぁ…。)はずっとハイテンションだし、パワフルすぎておじさんには多少疲れるところですが、それに比してやはり無口キャラはいいですな。言葉は少ないけれど、ちょっとした仕草やここぞと言うときに漏らす台詞にクラクラしますね、涼宮ハルヒだと長門スキーな私としては。

 とにかく、空太とましろの2人の今後が気になります。1巻目からこれぐらい書いてくれれば文句ない★5つです。


さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
鴨志田 一

ユーザレビュー:
見終わった後に…読み ...
とても心に染みいる純 ...
あらすじは嘘あらすじ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック