高校球児 ザワさん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 感想

◎ 女子高校生球児の日常

 ささやかだけれど、かけがえのない日々。強豪野球部の紅一点・都澤理紗のなんてことない日常素描。部活少女へのフェティシズム溢れる、野球マンガの新機軸。スピリッツ賞出身の女流大器、三島衛里子連載デビュー作。

 ネット上や新聞紙上でも評判になっていたので、購入しました。
 高校球児を取り扱った作品は星の数ほどありますが、甲子園を目指して練習し、仲間との絆を深め、そして予選を勝ち上がっていく姿を描いたものが大半だと思います。(←そんなに沢山読んだことがあるわけでもないので想像の域を出ませんが。)

 しかし、本作は↑にもありますが、第三者的な視点からザワさんこと都澤理紗の日常を切り取って描かれています。加えて、あくまでも野球少女・ザワさんを追っているのであって、チーム自体を追っているわけではないので、野球マンガの根幹であるところの「試合」のシーンがほとんど無いのが特徴です。まあ、そもそもザワさんが公式試合に出られないのですから、試合シーンが無いのはしょうがないことです。

 そもそもト書きやセリフ自体が少なく、作品的にも内容的にも本当に淡々と描かれている作品ですが、オチではクスリと笑わせてくれます。大体が1話完結でなおかつその1話も短いので、ちょっと長めの4コママンガ…と言えばしっくり来るのではないでしょうか。

 ザワさんについて私が一番当てはまると思う言葉は「ギャップ萌え」…ですかね。
 女子高生が野球部員というのももちろんそうですが、まずザワさんは美人で色白。授業中はメガネ着用。スタイルもよく、普通にしていればモテるパターンです。
 でもザワさんは野球一筋。お洒落に無自覚。ワキの処理も甘い(←部員談)。
 でも、こと野球に関してはザワさんはカッコイイ。特に打席での構えはカッコイイ。バッティングセンターにてセーラー服姿で打席に立つシーンがありますが、ホントかっこいいんですよ。
 途中、学校での水泳授業のシーンで、ザワさんと某ソフトボール部女子部員との比較のギャップというオチが出ていましたが、これは一種象徴的なシーンと言えます。誰でも良いのではなく、ザワさんだから萌えるんですよ。

 「おおきく振りかぶって」のひぐちアサさんといい本作作者といい、女性漫画家による高校野球マンガの視点って独特ですね。「おお振り」は野球の戦術性を再認識させる出来映えですし、本作の、高校野球のプレイそのものよりもその立場を利用したシチュエーションコメディっぽいところ…と書いていると、いしいひさいち氏の「がんばれタブチくん」を思い出してしまいました。

 野球に詳しくない人も女性でも十分に楽しめる本作。今後が楽しみな★5つです。



高校球児 ザワさん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
小学館
三島 衛里子

ユーザレビュー:
微熱おいおい、今日試 ...
惜しい作品高校野球部 ...
笑えるだけではなく、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック