若草野球部狂想曲1~3(電撃文庫) 感想

◎ 10年前の作品、今読むと…

 夏の甲子園を沸かせた10年にひとりといわれる怪物球児・西宮光児。彼が名門・帝都高校を辞めて転校したのは、なんと全野球部員9人のうち4人が女の子という、公式戦にも出られない若草高校だった。その弱小野球部は、学校の部活動リストラ計画により、1か月後の神戸学園との練習試合に勝たなければ廃部が決定。神戸学園といえば、光児が夏の甲子園決勝で敗れた相手校。俄然やる気になった光児は、へなちょこボールしか投げられない真由美をエースに起用し、宿敵、西の怪物バッター松原率いる神戸学園に挑む。
 第6回電撃ゲーム小説大賞「銀賞」受賞。電撃文庫初の本格派(?)スポコン・ラブコメ小説ここに登場。

 えー、まず最初にお断り。上の概略は1巻のものです。
 2巻では、女子高校野球で全国制覇した女子高校と、3巻では「春」の地区予選で神戸学園に勝ちベスト4になったにもかかわらず代表校に選ばれなかった高校との一戦を通じて、彼ら若草高校野球部員の成長を描いています。

 スポコン・ラブコメと銘打っていますが、ラブコメ度は、現在のラブコメレベルから言うと「味付け」に過ぎず、野球の戦術を楽しませる「青春野球小説」と言ったところでしょうか。マンガの「おおきく振りかぶって」とテイストは似ています。
 ちなみにラブコメの味が薄いのは、前回当ブログで取り上げた「ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様」と同じぐらいです。

 全体的な感想として…
 「説明」は野球小説のサガなんでしょうか。
 本作は、各章の終わりに光児・亜希・真由美による野球講座的なコラムが付いています。野球に詳しくない読者を意識したものでしょうが、ただそれだけではなく、作中にも説明が多く、読み進めるにつれてそれが邪魔に思えてきます。これも「ひとりぼっち…」と同じ感想です。コレを感じさせないようにするには、やはりビジュアル化が必要なんでしょうか。マンガとかアニメとか…。

 それはともかく、全体的に作者の野球への思いが伝わってくる作品です。
 野球ってこんなに面白いものなんだ…という事を伝えようということが所々熱い語りに垣間見えます。

 ちょっと話はそれますが…
 サッカーならば既に当たり前になっている「戦術を語る」というものが、我が国における人気スポーツであり、ここまでの古い歴史がある野球では意外と少ないのが気にかかります。 
 例えば、本作では、弱小野球部が強豪に勝つために高校野球では「セコい」と思われがちな戦術を繰り広げますが、作者はキャラを使って、野球は結局点数を取り合うゲームであり、「ルールに則った戦術」を使って勝利を目指すことに好悪があるものか…と語っています。しかし、そのようなことを熱く語らねばならないところに過去からの日本野球の問題点があるように思えます。
 結果しか伝えないマスコミと勝ち負けにしか興味ないファン。
 かつて星陵高校の怪物・松井に対して敬遠しまくった高校に対して「卑怯だ」「高校生らしくない」と騒いだファンとそれを煽ったマスコミ。当時インターネットが発達していたら、もっと大騒ぎになっていたに違いないと思います。

…まあ、「強い」巨人が強い勝ち方をしたらほとんどの野球ファンが喜ぶという時代は終わったのでしょうが、ジャイアントキリングを期待しない風潮が強いウチは、そして野球報道において戦術がもっと語られる日が来ないウチは、日本に良い野球ファンは育たないような気がします。

 閑話休題。
 私の好みとして、こういう日常系の本は好きです。
 ラブコメという事ならば低評価ですが、メディアワークス系の本ということでしたら、ギャグに10年前の野球ネタが使われているという年齢的なギャップはあるものの、今でも十分に楽しめる本ではないでしょうか。

 10年前補正も含めて★4つで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック