11月購入予定のライトノベル

◎ 11月購入予定のライトノベル

 この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。
 如月的注目本は★を付けています。


<角川スニーカー文庫(11/1)>
 “菜々子さん”の戯曲 フィルムの中の小悪魔  (高木敦史)
寸評:前巻(?)はなかなか斬新で不思議な感じのミステリ風でしたが、今度は?

 子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (玩具堂)
寸評:第15回スニーカー大賞<大賞>受賞作品。学園モノだそうですが…。

★東京皇帝☆北条恋歌7 (竹井10日)
寸評:くだけた作風の作者による、学園(?)ラブコメ。今回は短編集。


<HJ文庫(11/1)>
 魔王学校に俺だけ勇者!? (夏緑)
寸評:新作。最近、似たようなタイトルで盗作騒ぎがありましたね。それはさておき、設定だけ見ると楽しそうですね。


<電撃文庫(11/10)>
★俺の妹がこんなに可愛いわけがない7 (伏見つかさ)
寸評:アニメ放映もスタートし、ますます人気上昇気配の本作。「シリーズ最大の山場到来!?」 だそうですが。

★ご主人様は山猫姫6 辺境双璧英雄編 (鷹見一幸)
寸評:侘瑠徒防衛戦を乗り切った晴凛たちの快進撃は続くのか!?

★ヴァンダル画廊街の奇跡3 (美奈川護)
寸評:父母の影を追うエナと「ヴァンダル」の物語はクライマックスへ…だそうです。非ラブコメ。美術好きにおすすめです。

 @HOME 我が家の姉は暴君です。 (藤原祐)
寸評:新作。「煉獄姫」や「アカイロ/ロマンス」など、業を背負ったヒロインを使ったしっとり暗めの作風である作者によるハートウォーミングストーリーだそうですが、一筋縄ではいかなそう。


<GA文庫(11/15)>
 ライトノベルの楽しい書き方7 (本田透)
寸評:ダラダラ曖昧な人間関係がハッキリしてきました。でも、逆にそろそろマンネリの影が。

 クインテット! 4 (越後屋鉄舟)
寸評:今月発売の前巻が本当に久しぶり(3年ぶり)の刊行だそうで、こちらとしてはノーマークでした。なかなか面白そうなので、1巻から読んでみるつもりです。


<小学館ガガガ文庫(11/18)>
 女子モテな妹と受難な僕 (夏緑)
寸評:新作。11月リストで夏緑さん2冊目。仏像マニアの主人公で「襲いかかる美少女たちに読経で挑む兄!?」ってところがツボに入り、購入リスト入り。大概サブキャラ止まりである「お兄ちゃんラブの妹」をメインに持ってくるというのは意外と珍しいかも。


<一迅社文庫(11/20)>
なし


<富士見ファンタジア文庫(11/20)>
★影執事マルクの彷徨 (手島史詞)
寸評:まさに安定した面白さ。もっと評価されても良いと思います。


<スーパーダッシュ文庫(11/25)>
 それがどうしたっ2 天使に好かれる、キケンな嘘のレシピ
寸評:前巻を読んで、なかなか面白かったので、とりあえずもう1冊読んでみようと。友達がいないシャイな主人公の元に悪魔少女が現れる家族愛モノ。悪魔少女レムはアホの子だけどとっても良い子なのです。

★パパのいうことを聞きなさい!5 (松智洋)
寸評:まさに安定した良作。典型的な「家族愛」ハートウォーミングストーリーです。


<メディアワークス文庫(11/25)>
 不思議系上司の攻略法 (水沢あきと)
寸評:メイド喫茶のメイドが新しい上司?「大人」が主人公のライトノベルが読めるのは、メディアワークス文庫の良さだったりします。

 めたもる。 (日比生典成)
寸評:おとぎ話のような不思議なお札。大人のメルヘンだそうで。心が汚れた私が最後まで読めるのでしょうか。

 僕と彼女のギャルゲーな戦い (西村悠)
寸評:ギャルゲーのような展開で騒がしくなった主人公・イチの夏休み。しかしイチが引きずり込まれたのは、まさにギャルゲー作りの現場!?単純にギャルゲーという文字に反応。


<MF文庫J(11/25)>
 この中に1人、妹がいる!2 (田口一)
寸評:ミステリっぽいラブコメ。もう少しミステリをミステリのまま置いておいてくれれば面白いのだが。

 ツノありっ! 風香先輩は▲▲を隠す (阿智太郎)
寸評:新作。学園モノ。内容の良否を問わず、典型的なライトなノベルを生み続ける阿智太郎作品は、通勤の友です。

★僕は友達が少ない 5 (平坂読)
寸評:人気作の5巻目。もう説明不要の残念系ラブコメ。


<ファミ通文庫(11/30)>
★空色パンデミック Short Stories (本田誠)
寸評:「ボーイ、ミーツ、空想少女」短編集。今回は空想病をつかって「もしも○○だったら」をコメディにするようですね。


 計 21冊です。

 いやぁ、今月は冊数的に充実してます。受賞作品など、敢えてリストから外して様子見のものもあるので、12月にストックできそうです。
 しかし、MF文庫Jは、受賞作+発売延期作品大量発売ですごい冊数になってますね。


子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫 229-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-10-30
玩具堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 子ひつじは迷わない  走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫 229-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック