12月購入予定のライトノベル

◎ 12月購入予定のライトノベル

 この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。
 如月的注目本は★を付けています。


<角川スニーカー文庫(12/1)>
なし


<HJ文庫(12/1)>
なし


<電撃文庫(12/10)>
★電波女と青春男7 (入間人間)
寸評:今回は妄想話だそうです。

★乃木坂春香の秘密13 (五十嵐雄策)
寸評:そろそろラストに向けて…ですかね。

★さくら荘のペットな彼女4 (鴨志田一)
寸評:学園日常系の典型。今回は文化祭。

★ラッキーチャンス!8 (有沢まみず)
寸評:天草家の抗争に巻き込まれる雅人とキチ。

★ウェスタディアの双星8 最終決戦の章 (小河正岳)
寸評:ルフェールとの一大決戦??タイトル通り、完結編か?

 ギャルゲーマスター椎名2 (周防ツカサ)
寸評:実は、前の巻の内容が全く頭に残っていないので、買わなくてもいいといえばそれまでですが。

 理想の彼女のつくりかた2 第二稿 雨と紫陽花とセカンドガール (高村透)
寸評:ラノベ的ご都合主義を小説にするとこんな感じという本。


<GA文庫(12/15)>
★這いよれ!ニャル子さん6 (逢空万太)
寸評:安定のコメディ…というよりもギャグ小説。

 深山さんちのベルテイン (逢空万太)
寸評:上記「ニャル子さん」と同作者の新作。メイドロボと男の娘という新しい切り口のゆるふわ日常ショートストーリーだそうで。「GJ部」が期待はずれだっただけに、これに期待しても良いのか?

 踊る星降るレネシクル3 (裕時悠示)
寸評:頭を使わず楽しめるラノベの典型。


<小学館ガガガ文庫(12/17)>
★ささみさん@がんばらない4 (日日日)
寸評:ささみさんに「魔の手」が忍び寄る?!

★コップクラフト3 (賀東招二)
寸評:何だかんだ言って、名コンビだと思うのですよ。最近のラノベの傾向としての男<女(強さのベクトル)とは正反対の、男のハードボイルドってのがいいですね。


<一迅社文庫(12/20)>
なし


<富士見ファンタジア文庫(12/20)>
なし


<スーパーダッシュ文庫(12/25)>
なし


<メディアワークス文庫(12/25)>
なし


<MF文庫J(12/24)>
 お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (鈴木大輔)
寸評:今読んでいる最中のブラコンモノと同じ?ブラコン妹を主役にするのはこれからの流行か?


<ファミ通文庫(12/30)>
 百億の魔女語り2 やっぱり都会の女なのね、そうなのね。 (竹岡葉月)
寸評:「SH@PPLE」作者の作品であることと、1巻が面白そうだったので、2巻も押さえておこうかと。


 計 14冊です。


 ほとんど電撃文庫なわけですが、逆に、師走にそこそこの売れセンをぶつけてきた電撃文庫の貫禄勝ちといったところ。
 MF文庫Jの欄でも書きましたが、今の旬は「ブラコンモノ」と「家族モノ」、それから「男の娘」のようですね。「はがない」の幸村にはやられました。おかげで男の娘じゃなくなりましたけど…。




深山さんちのベルテイン (GA文庫)
ソフトバンククリエイティブ
逢空 万太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 深山さんちのベルテイン (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック