3月の読書実績

◎ 3月の読書実績

3月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:5780ページ

むやみに分裂!! 邪神大沼 6 (ガガガ文庫)むやみに分裂!! 邪神大沼 6 (ガガガ文庫)
今回は、いつもと多少趣が違うのだけれども、普通に読めてしまった。そろそろ免疫が出来てしまったか。いや、大沼君が気の毒すぎて、笑うに笑えなかったというのが本当のところか。
読了日:03月01日 著者:川岸 殴魚
青春ラリアット!! (電撃文庫)青春ラリアット!! (電撃文庫)
単純でタイトルどおりの爽快感がありました。受賞作の魅力は、とにかくこの1冊でアピールしようというパワーが感じられることですが、まさにそんな感じの作品でした。主人公らしくない主人公とか、一度も台詞がなかったのに妙に存在感があった都子ちゃんとか、結局4人の関係が変わらなかったとか、最近のラブコメでは異色の存在。しかし、続きが出て、都子ちゃんが登場したら雰囲気が変わってガッカリするような気もします。
読了日:03月02日 著者:蝉川 タカマル
花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)
同じ戦争物で「ガンパレードマーチ」があるが、ガンパレの方が人間の逞しさがあります。しかし、主人公がへたれとか何とかの問題ではなく、戦争に直面したら、心情的にはこちらの方がリアル。近代以降内戦がない日本で起こった内戦というテーマも含め、あまりストーリーに救いがなかった。まさに「桜」ような儚げで切ない物語。思想的に偏った方にとってはアレな本かも。
読了日:03月03日 著者:杉井 光
人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)
相変わらずのテイストで楽しませていただきました。妖精さんの扱いなど、何だかんだ言って「わたし」が着々と調停官のスキルを身につけているところが感心感心。しかし、冷静なくせに巻き込まれ体質とは。まあそこが面白いのですが。
読了日:03月04日 著者:田中 ロミオ
パニッシュメント (ガガガ文庫)パニッシュメント (ガガガ文庫)
いやぁ、すっかり帯に騙されました。こういうライトノベルじゃないライトノベルを出版できるのがガガガ文庫ですな。まずは、何かに縋るということと、本人に悪意がないということでは宗教も左翼も根っこは同じということを再確認させられた。悪意のない悪意が恐ろしいのだけれども…。とにかく、明るさが無く、救いのないお話。
読了日:03月07日 著者:江波 光則
生徒会の水際   碧陽学園生徒会黙示録4   (富士見ファンタジア文庫)生徒会の水際   碧陽学園生徒会黙示録4   (富士見ファンタジア文庫)
新キャラ大量投入でしたが、リリ姉を先頭にどれも結構ストライクゾーン。ただし、水無瀬@ガハラさん系は、近頃のラノベにやたら出ていて食傷気味。どうせやるなら、ただ口が悪いだけでなく、ガハラさんのように押したり引いたりの流れが欲しい。巡のデレエピソード付き杉崎が頑張った話とか、知弦さんのデレとか、いいモノを読ませていただきました。
読了日:03月09日 著者:葵 せきな
カフェとオレの先輩 (MF文庫J)カフェとオレの先輩 (MF文庫J)
ライトノベルらしくサクサク読めた。会話のテンポが良く、特に「しりとり」は良くできていると感じた。ただ、主人公の設定が安定せず、うまく生かし切れていない気がした。やっぱ椿さん最強。
読了日:03月09日 著者:樋口 司
あるいは現在進行形の黒歴史3 -わだつみの海妃が俺の嫁?- (GA文庫)あるいは現在進行形の黒歴史3 -わだつみの海妃が俺の嫁?- (GA文庫)
アイシャの嫁力最強。俺の嫁になってくれ。元々変態ラブコメだが、ますます変態度が上がっている(表紙も)。まあ、楽しく読めたからそれでよし。それにしても、キキはロリに厳しいこのご時世に大丈夫か??
読了日:03月10日 著者:あわむら 赤光
この中に1人、妹がいる!3 (MF文庫J)この中に1人、妹がいる!3 (MF文庫J)
何だかんだ言って、ハーレム拡大。まだ拡大するのか。今巻は凜香のおかげで単独では面白かったが、さて今後どうなることやら…。
読了日:03月11日 著者:田口 一
影執事マルクの決断 (富士見ファンタジア文庫)影執事マルクの決断 (富士見ファンタジア文庫)
カナメの男前さとか、ジェノバの過去とか、エルミナの複雑な感情とかが絡み、いい話でした。しかし、あの引きの意味はなんだ。結局「両取り」?に見せかけた何かか??
読了日:03月14日 著者:手島 史詞
ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)
竹宮翁独特の筆致により、他のラブコメラノベよりもリアルな人間臭さが感じられます。なにやらややこしい人間関係になっていますが、どう展開していくのか楽しみです。特にリンダはどうなってしまうんだ…。
読了日:03月16日 著者:竹宮 ゆゆこ
蒼穹のカルマ7      (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ7     (富士見ファンタジア文庫)
まあ、何と言いますか槙奈が気の毒過ぎ。ほとんどカゲロ○ネタとしか思えないが、他社だから大丈夫ですかそうですか。シリアスなはずなのに、何故かそれを真面目にブチ壊す駆真のチートな変態パワー最強。
読了日:03月17日 著者:橘 公司
ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫)ひきこもりの彼女は神なのです。 (HJ文庫)
次も読んでみようかなと思うほどには面白かった。数多い神様モノの中では、神様と人間の関係が意外と醒めていたのが興味深かった。ただ、シリアスパートだけじゃなく、コメディパートも「薄暗い」ので、メリハリという点ではイマイチ。
読了日:03月18日 著者:すえばしけん
GOSICK 6 (ドラゴンコミックスエイジ あ 3-1-6)GOSICK 6 (ドラゴンコミックスエイジ あ 3-1-6)
ヴィクトリカかわええ。それだけでお腹いっぱいです。
読了日:03月18日 著者:天乃 咲哉
マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)
落語の小咄のような心療内科紹介本。それなりに面白かったけれど、まあ、中身の濃さは期待しないように。
読了日:03月21日 著者:ゆうき ゆう
マンガで分かる心療内科 2巻 (ヤングキングコミックス)マンガで分かる心療内科 2巻 (ヤングキングコミックス)
いやし姉さんが加わって、下ネタがパワーアップ。「後悔」の欄は妙に納得。それにしても、本の内容よりもいやし姉さんのお色気の方が印象に残った。正直、表紙に負けた。
読了日:03月21日 著者:ゆうき ゆう,ソウ
特急便ガール! (メディアワークス文庫)特急便ガール! (メディアワークス文庫)
前作の印象からMW文庫が合うのではないかと思っていましたが、まさに正解。人の想いを運ぶハンドキャリー便。ええ話でした。場面場面でトーコの挿絵が欲しくなったのは、ラノベ脳か。
読了日:03月22日 著者:美奈川 護
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! addon シルバーブレット2 (ファミ通文庫)ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! addon シルバーブレット2 (ファミ通文庫)
何やら壮大な「中二病」の世界が拡がっていますね。複雑な割には本編設定とのつながりがよく、作品としては面白いし、作者の実力が認められるが、私個人の趣味とはだんだん離れてきている印象があります。
読了日:03月24日 著者:田尾 典丈
おちゃらけ王 (メディアワークス文庫)おちゃらけ王 (メディアワークス文庫)
変な街で変な人たちによる変なお祭りでの疾走劇。理屈ではなく、感覚で読む本。とにかく体力が有り余っている若さが羨ましい。
読了日:03月25日 著者:朽葉屋 周太郎
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ2 (MF文庫J)お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ2 (MF文庫J)
ちょっとずつ「秘密」が明らかになっていくワクワク感。でもまだまだ分からないことがたくさんあり、どう展開するのか楽しみです。ただ「二ノ宮君」のようなぶっ飛び展開にならないことを祈ります。ちなみに、脳内でアナの声はひたぎの中の人でした。
読了日:03月28日 著者:鈴木 大輔
ぜのん様である! (電撃文庫)ぜのん様である! (電撃文庫)
好き嫌いがハッキリ分かれるであろう、ほとんど会話文で埋め尽くされているクセのある文体。最初は「!」の嵐に面食らったが、慣れれば中毒性のあるダブルボケの「笑い飯」的面白会話劇。主人公がツッコミ役であることが多いが、主人公が大ボケで、普通ボケ役にしか見えない「ぜのん様」がたまにボケながらもツッコミ役をやっていたのは意外性があった。
読了日:03月30日 著者:おかゆ まさき
ぷれいぶっ!3 (電撃文庫)ぷれいぶっ!3 (電撃文庫)
今巻は、まさにライトノベルらしい王道ラブコメっぷりでした。統吾と朱音、瑞希と明道、そして会長と悠子、彼ら彼女らの今後を見守っていきたいですね。読んでて安心の一冊。
読了日:03月31日 著者:高遠豹介

読書メーター


 今月の如月的最優秀は、「特急便ガール」(メディアワークス文庫)です。メディアワークス文庫の目指している方向性に合致した、大人のラノベ、大人のファンタジーと言っていいでしょう。
 次点は、「人類は衰退しました 6」 (ガガガ文庫)、「生徒会の水際   碧陽学園生徒会黙示録4」 (富士見ファンタジア文庫)、「影執事マルクの決断」 (富士見ファンタジア文庫)、「ゴールデンタイム2 答えはYES」 (電撃文庫)、「蒼穹のカルマ7」 (富士見ファンタジア文庫)を挙げておきます。


特急便ガール! (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2011-02-25
美奈川 護

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 特急便ガール! (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック