8月の読書実績

 お久しぶりです。
 8月が終わり、少しは暑さが和らぐかと思えば、台風の影響でジメジメ。
 こういう暑くてジメジメした梅雨のような気候は、個人的には一番精神的にまいります。

 では、さっそく…。


8月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:6440ページ

トカゲの王 1 (電撃文庫 い 9-22)トカゲの王 1 (電撃文庫 い 9-22)
ごめん、良い本なんだろうけど、グロさにギブアップ。こっち方面の入間氏はやっぱり私にはダメだった。
読了日:08月01日 著者:入間 人間
魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)
とにかく設定がたっぷり詰め込まれた1巻目。webの方は読んでいないが、これから主人公最強伝説のスタートか?設定だらけながら、なかなか期待が持てる新作でした。
読了日:08月02日 著者:佐島 勤
東京皇帝☆北条恋歌 9 (角川スニーカー文庫)東京皇帝☆北条恋歌 9 (角川スニーカー文庫)
時代が飛ぶわ飛ぶわ。そのあたりはドラマ「Jin」に似ているかな。この先一体どうなるのか予想も付かない。前に比べてだんだんゆるゆる度が少なくなっているが、やっぱり相変わらずのゆるゆるだった。
読了日:08月03日 著者:竹井 10日
カフェとオレの先輩 2 (MF文庫J)カフェとオレの先輩 2 (MF文庫J)
今回は、カフェの経営話が中心。前回よりはより主人公の設定に近くて安心した。しかし、いつの間にかみんながデレてしまっていて、ちょっと拍子抜け。
読了日:08月04日 著者:樋口司
影執事マルクの恋歌 (富士見ファンタジア文庫)影執事マルクの恋歌 (富士見ファンタジア文庫)
いつものとおり、上手い。何だかんだ言って、ラブラブな展開。エミリオが可愛いなぁ。
読了日:08月05日 著者:手島 史詞
初体験にオススメな彼女 (MF文庫J)初体験にオススメな彼女 (MF文庫J)
最近はやりの「妹系」ラブコメ。1巻目はほぼ人物紹介でしたが、♀キャラの可愛さが伝わってきたので、今後他の作品と一線を画す何かが表現できるのか、楽しみです。
読了日:08月08日 著者:あさのハジメ
ガンパレード・マーチ2K北海道独立 4 (電撃文庫 J 17-34)ガンパレード・マーチ2K北海道独立 4 (電撃文庫 J 17-34)
北海道戦があっさり決着したなぁ…と思っていたら、実はまだ続きがあるとは。どういう風に続くのか今ひとつわからないが、不安がかき立てられる引きがあったので、次も期待。
読了日:08月10日 著者:榊 涼介
探偵・日暮旅人の忘れ物 (メディアワークス文庫)探偵・日暮旅人の忘れ物 (メディアワークス文庫)
次巻が最終刊とのことで、それを踏まえると、最終に向かって、これまでの秘密や伏線が数多く回収されていた。あいかわらずほのぼのとダークサイドが共存した話だが、今回はよりダークな路線が前進した感じ。次巻に期待。
読了日:08月11日 著者:山口 幸三郎
ゴールデンタイム〈3〉仮面舞踏会 (電撃文庫)ゴールデンタイム〈3〉仮面舞踏会 (電撃文庫)
主人公が大学生ということを精一杯利用している。香子との関係とリンダとの関係が混沌としてきて、おまけに幽霊万里が…。内容の濃さは竹ゆゆ節健在。とにかく今後が混沌してとても楽しみです。
読了日:08月13日 著者:竹宮 ゆゆこ
あるいは現在進行形の黒歴史4 -リトル・ヴァンパイア☆が俺の嫁?- (GA文庫)あるいは現在進行形の黒歴史4 -リトル・ヴァンパイア☆が俺の嫁?- (GA文庫)
表紙は児ポへの挑戦か。内容もロリ全開で紳士落涙。ラストは驚きのどんでん返し。ただ、ヒロインの多さが徒になってきた感じ。
読了日:08月14日 著者:あわむら 赤光
GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)
大きな嵐により雰囲気が一変。コレまでが大きな前振りのような展開。久城とヴィクトリカの運命やいかに…の次巻。ヴィクトリカが自分の肌に「入れ墨」をするところが、これまでのこの作品にあるどんな事件よりも壮絶さを感じた。
読了日:08月17日 著者:桜庭 一樹
GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)
昔日の予言を覆し、相手に会いたいがために「生きた」二人の姿に涙。完結お疲れ様でした。
読了日:08月17日 著者:桜庭 一樹
ご主人様は山猫姫〈8〉北域覇王編 (電撃文庫)ご主人様は山猫姫〈8〉北域覇王編 (電撃文庫)
今回も安定の良作。派手な戦闘シーンはなかったものの、国造りの悩みこそ王様の本来の仕事。それにしても、シャールはいかにも当て馬的な扱いでかわいそう。新キャラ・ムルトの登場は南の闘いにどのようなアクセントとなるのか楽しみ。
読了日:08月18日 著者:鷹見 一幸
魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)
面白かった。面白かったのだが、視点の揺れが大きく、たまに誰の台詞かわからなくなるところと、設定の説明が多いのには読みにくさを感じた。ただ、こんなフリーダムさを受け入れられるところがライトノベルの良さだと思う。
読了日:08月19日 著者:佐島 勤
寄生彼女サナ (ガガガ文庫)寄生彼女サナ (ガガガ文庫)
前半の素人臭が漂う文章を差し引けば、それなりに面白かった。かつてロボットやアンドロイドと人間との関係を描いた本(ゲームシナリオ)が、寄生虫に切り替わっただけという見方も出来るが、ともかくアイディアの勝利。
読了日:08月19日 著者:砂義 出雲
めんそーれ! キソ会長 (徳間文庫)めんそーれ! キソ会長 (徳間文庫)
久しぶりに大きな仕掛けもない、害のない学園ラノベを読んだ感じが気がしました。
読了日:08月23日 著者:柴村 仁
フルメタル・パニック!  マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)
これで本当の終わりかと思うと、寂しいですね。こちらのシリーズは、本編以上に好きだったので…。
読了日:08月23日 著者:賀東 招二
フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)
祝・アナザーストーリー開始。マオ姐さんの出番が多そうで楽しみ。
読了日:08月24日 著者:大黒 尚人
二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)
名前埋めはさほどの苦労ではなかったが、交換日記を読む感覚で、それぞれの生徒の視点から見る、ある意味荒唐無稽なストーリーはそれなりに楽しめた。ただ、明らかに交換日記の文章から逸脱しているのはご愛敬。
読了日:08月26日 著者:朝田 雅康
だから僕は、Hができない。4 死神と初体験 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。4 死神と初体験 (富士見ファンタジア文庫)
何というか、ストーリー的にはワンパターンのエロコメです。本の厚さも薄けりゃ中身も薄い。ちょいエロを楽しむだけの本です。
読了日:08月29日 著者:橘 ぱん
だから僕は、Hができない。3   死神と世界革命   (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。3   死神と世界革命   (富士見ファンタジア文庫)
女体化とおっぱい。結局「おっぱい平らネタ」オンリー。ストーリーに期待してはいけないエロコメ。
読了日:08月30日 著者:橘 ぱん
[図解] 池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫)[図解] 池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫)
実は意外と知られていない経済の仕組みを、初心者向けの体裁を取りつつわかりやすく解説している。良本です。
読了日:08月30日 著者:池上 彰
ささみさん@がんばらない 6 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 6 (ガガガ文庫)
重くなりがちなストーリーなのだが、そうはならず、神話の世界を知らなくても十分楽しめるように仕上げるテクニックは秀逸。ささみさんはがんばってます。
読了日:08月31日 著者:日日日

読書メーター


 8月の如月的最優秀作品ですが、飛び抜けたものはなかったものの、いい作品がいっぱいありました。
 中でも、「フルメタ」の最後の短編集や「GOSICK」完結編など、ここで最優秀を付けなくてどうするんだという作品もあり悩みましたが、結局「GOSICKVII」(角川文庫)としました。最後だけあって、これまでの巻がいい気な前振りのような、一種壮絶な物語となっています。

 また、今後注目の作品は「魔法科高校の劣等生 入学編」 (電撃文庫)です。ストーリー自体は、オタク好みの「俺tueee」話で、上下巻全体が設定の説明にかなりの紙数を費やしましたが、次から面白くなっていくような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック