アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」を見て -実は、メインは黒猫だった!?-

 日曜日、録画していた「俺妹」第9話「俺の妹がこんなにエロゲ-三昧なわけがない」を視聴。  7話あたりから、小説から離れ、オリジナリティを出し始めていますね。  7話の「小説家」ネタは、8話に出てくるフェイトさんが「悪役」になっているハズであり、原作の中でも結構緊迫したシーンだったハズなんですけど、あっさりパス。やはり「盗作」ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の読書実績

◎ 11月の読書実績 11月の読書メーター読んだ本の数:18冊読んだページ数:5150ページ変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)受賞作にありがちな「ごった煮感」がなく、テーマが絞られていてまとまりの良い作品でした。キャラ的にはクール、ツンデレ、ツンドラと多少似たような登場人物なのだけれども、しっかり個性を持たせて類似感を感じさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月購入予定のライトノベル

◎ 12月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角川スニーカー文庫(12/1)> なし <HJ文庫(12/1)> なし <電撃文庫(12/10)> ★電波女と青春男7 (入間人間) 寸評:今回は妄想話だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫) 感想

◎ 前巻と比較して物足りなさが…  高校に入学した宮本剛太は、文芸部に強制的に入るように脅された。しかし、そのピンチを救ったのが“菜々子先輩”だった。美少女大好きな彼にとって、彼女はストライクゾーンのど真ん中、一目で心を奪われ、彼女が所属する映画研究会に入ることに。そんな中、校内である女生徒の盗撮写真が出回っているという噂が流れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーロボッ娘 鉄刃23号 (ガガガ文庫) 感想

◎ ひたすら弥茂祢のエロトーク(ボケ)と鷹斗のツッコミを楽しむ本  突然送りつけられた「時計」らしきものが実はコントローラーで、これまた突然、道路の真ん中に正座して主人公の帰りを待つメイド姿のロボッ娘。それがロボッ娘・弥茂祢と主人公・鷹斗との出会いです。  うーん、個人的には「ロボッ娘」って言葉がどうもしっくりと来ません。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺の妹がこんなに可愛いわけがない7(電撃文庫) 感想

◎ 恋愛面での展開が激しい今巻  テレビアニメもスタートし、いつの間にか人気シリーズとなったこの作品。  1巻初版からのファンとしてはうれしいやら寂しいやら…。  いきなり桐乃と京介のデートシーンからスタートし、ある意味ラブコメらしい恋のさや当てがメインの今巻。  一応、兄と妹の微妙な関係をメインにして、オタク仲間達との…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J) 感想

◎ 納得の最優秀賞  MF文庫Jの第6回新人賞<最優秀賞>受賞作品。  主人公・横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。まあ、男子高校生にありがちなことですね。  その陽人クンは、自分が「建前」でしか話ができないことに悩んでいました。かたやヒロインの筒隠月子は、喜怒哀楽が表に出てしまい、これまた悩んでいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の読書実績

◎10月の読書実績 10月の読書メーター読んだ本の数:26冊読んだページ数:6820ページ神明解ろーどぐらす 3 (MF文庫J)単なる下校ラノベではなくなってきた。修羅場とか二重人格とか、これからどう進めるのか楽しみになってきました。読了日:10月01日 著者:比嘉智康パパのいうことを聞きなさい! 4 (集英社スーパーダッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乱☆恋 婚約者は16人!?(富士見ファンタジア文庫) 感想

◎ 予想を裏切る面白さ  ある日、リディア王国の王太子・リカルドに父王が告げたのは「婚約者が16人いる」という、驚天動地の事実。  そして、リカルドの「婚約者を巡る旅」が始まります。 …上の「あらすじ」を書こうとして、amazonや富士見書房の「あらすじ」を見たら、派手すぎて使えませんでした。  それぐらい、「煽りのタイトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月購入予定のライトノベル

◎ 11月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角川スニーカー文庫(11/1)>  “菜々子さん”の戯曲 フィルムの中の小悪魔  (高木敦史) 寸評:前巻(?)はなかなか斬新で不思議な感じのミステリ風でしたが、今度は? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安鬼姫草子―神ながら神さびせすと (電撃文庫) 感想

◎ まるで少女漫画のような雰囲気 時は平安、所は京。鬼の血を継ぐ少女と、その兄である若き陰陽師の物語。  “姫殺し”と呼ばれる『怪異』が起こる京の都。希代の陰陽師・安倍晴明がその原因を探る中、若く未熟な陰陽師の少年・坂上鈴城は、左近衛府に所属する少年・源頼親を誘い、独自に『怪異』捜査を始める。二人が無謀な行動に出たその裏には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」スタート

 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のアニメ放送がスタートしましたね。  ラノベ原作のアニメを録画ながらも(さすがに夜中の2時半(※毎日放送)は無理。)放送を見たのは「狼と香辛料」以来です。  ラノベ本の挿絵画家がキャラデザやるのって珍しいので、ついつい…。  第1話の内容は、桐乃の人生相談=京介へのオタク趣味カミングア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫) 感想

◎ 今、自分を見つめる時間ってどれぐらいあるだろうか?  冬休みを直前に控えた終業式。太一に、謎の影が忍び寄る。  文研部のメンバーは、ある謎の文字を見つける。「稲葉・永瀬・青木・桐山」、そして「12時~17時」。誰が書いたのか、その意図すらも分からず首を捻る5人は、12時に信じられない光景を目にする。子供に戻ってしまった伊織と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の読書実績

◎ 9月の読書実績 9月の読書メーター読んだ本の数:30冊読んだページ数:8407ページこの中に1人、妹がいる! (MF文庫J)「謎の妹」に振り回される主人公。ミステリ含みのラブコメ…という「素材」は面白かった。全体的にもそれなりによかったが、早くもヒロインズの好感度が全開なのと余計な伏線連発のせいで、せっかくのミステリ的要素が活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えむえむっ! 10 (MF文庫 J ) 感想

◎ そろそろ終わりかな…  「M」な体質をなんとかして治したい砂戸太郎は「生徒たちの願いを叶える」という第二ボランティア部の美少女部長、石動美緒のハチャメチャな治療法のせいで、むしろ深みにハマっていく日々を送っていた。  いよいよ新学期到来!! 学年が上がっても相変わらず太郎の治療に明け暮れる美緒は、ある日新入部員を募集しようと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!  Fandisc(ファミ通文庫) 感想

◎ ファンディスクはまさにタイトルどおり  絶対!! ギャルゲ主人公宣言!?  ハーレムここに極まる!!  咲と愛子の友情のはじまり「いつか花咲く、愛もある」。武紀にゆうきから意外な提案が……「梅雨が明けるころに」。悩める春姉、危機一髪?「姉のちときどき胸さわぎ」。どうしても一緒にお風呂に入ると言う夏海に武紀は!?「俺の妹のばあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小春原日和の育成日記2(電撃文庫) 感想

◎ 「乃木坂春香…」との類似性  築七十年でトイレ&風呂共同の貧乏アパートで暮らす小春原日和は、類い希な才能と呼べるほどの地味っこである。そんな彼女の“おとなのじょせいになりたい”発言から始まった地味っこ改造計画は、憧れのお嬢様学校に入学しても続行!大いなる希望と不安をもって入学式とともに始まった『大人の女性への道のり=お嬢様育成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月購入予定のライトノベル

◎ 10月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角川スニーカー文庫(10/1)> ★レイセン File2:アタックフォース (林トモアキ) 寸評:異能力者の中にあって、普通(?)の人間・ヒデオの活躍の方向性がどうなるのか楽しみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリッジロワイヤル 2 (電撃文庫) 感想

◎ 結局何だったのかよくわからないまま終了  突然大財閥の御曹司・日乃本司になってしまった俺の花嫁を決めるため、12人の美少女によるトンデモバトル「マリッジロワイヤル」は今日も今日とて続行中。気がつけば当たり前になってしまっていたこんな日常―でも、よくよく考えればとんでもないものだったりするんじゃないだろうか。学園生活勝負に温泉女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカが全裸でやってくる (メディアワークス文庫) 感想

◎ みんな小説バカだった  僕の夢は小説家だ。そのための努力もしてるし、誰よりもその思いは強い。お話をつくることを覚えた子供の頃のあの日から、僕には小説しかなかった。けれど僕は天才じゃなかった。小説家になりたくて、でも夢が迷子になりそうで。苦悩する僕のもとにやってきたのは、「全裸のバカ」だった。大学の新歓コンパ。そこにバカが全裸で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more