ぼくこい (角川スニーカー文庫) 感想

◎ 表紙絵とは全く印象の違う「薄暗い話」  学校が終わればいつも向かうのは有馬の家。そこはアニメとゲームと漫画に溢れた、ボクたち奥手な男子4人組の楽園。だが有馬のお姉ちゃんが、「夏休みまでに彼女ができなかったら、部屋を出て行け!」と宣言してきた。えぇ―!?彼女欲しくないし。作り方なんて知らないし。その日からボクらの“彼女作り”が始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空色パンデミック2(ファミ通文庫) 感想

◎ 中二病ストーリー第2弾  結衣さんの「劇場型」発作の日以来、僕は確信を持てずにいた。僕の彼女への好意も、彼女の空想の産物なのかもしれない―。そんなある日、教室で今井さんという子に突然声をかけられた。「あなたに話がある。私の名はブーケ・ザ・ボマー」新手の空想病患者?もう本当に勘弁してほしい。だが彼女がもたらした世界改変をめぐる真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」 感想

 今日、息子と標題作を見てきました。  近所のシネコンに行くと、息子の学校の友達や幼稚園時代の友達が沢山いたようでした。  ホンマ世間は狭いワ…。  それはさておき…。  クレヨンしんちゃんの映画はDVDを含めて全部見ていますが、近頃の作品は妙に説教臭いというか妙にストーリー性を与えようとか変に感動を与えようとか、そんな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4月の読書

4月の読書メーター 読んだ本の数:23冊読んだページ数:6447ページオルキヌス4 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)読了日:04月01日 著者:鳥羽 徹僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)読了日:04月02日 著者:平坂 読長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)読了日:04月04日 著者:ぷよ生徒会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若草野球部狂想曲1~3(電撃文庫) 感想

◎ 10年前の作品、今読むと…  夏の甲子園を沸かせた10年にひとりといわれる怪物球児・西宮光児。彼が名門・帝都高校を辞めて転校したのは、なんと全野球部員9人のうち4人が女の子という、公式戦にも出られない若草高校だった。その弱小野球部は、学校の部活動リストラ計画により、1か月後の神戸学園との練習試合に勝たなければ廃部が決定。神戸学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月購入予定のライトノベル

◎ 5月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角川スニーカー文庫(5/1)> ★東京皇帝☆北条恋歌5 (竹井10日) 寸評:多少シリアスな方向に向かっていますが、これまでのゆるゆるな雰囲気が無くならないよう祈ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様(メディアワークス文庫) 感想

◎ 中途半端さは否めない  3年ぶりに帰国し、日本の高校に入学した綾音。彼女には幼馴染みの巧也と野球をするという目的があった。中学時代、巧也はシニアの世界で活躍し、全国区の有名選手に成長していた。だが、再会に胸躍らせる綾音の目の前にいたのは、想像していたのとは全く違う巧也だった。  冷淡に「野球はやめた」と言い捨てる巧也に戸惑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月のライトノベル読書 まとめ

 しばらく更新途絶えてすいません。  異動があって真面目に忙しかったので…。  では早速3月のまとめ。 3月の読書メーター読んだ本の数:23冊読んだページ数:6940ページ純愛を探せ!4 (GA文庫)読了日:03月31日 著者:速水 秋水白山さんと黒い鞄〈4〉 (電撃文庫)読了日:03月29日 著者:鈴木 鈴這いよれ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月購入予定のライトノベル

◎ 4月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角川スニーカー文庫(4/1)>  妄想少女3 決戦は夏コミ最終日! (東亮太) 寸評:うーん、妄想の少女とイチャラブばかりでリアルに進展がないと…ねぇ。 <HJ文庫(4/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花×華 (電撃文庫) 感想

◎ 2人の「はな」に囲まれて あなたの映像のなかでわたしはかがやいていました。 もう一度あなたに撮られたい。 好きです。正午に、桜の陸橋、で待っています。                                         はな  高校二年の春休み、園端夕(そのはな ゆう)の許に届いた心揺さぶるラブレター。だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリッジロワイヤル (電撃文庫)  感想

※注 いろいろ調べるうちにわかったことが多く、UP後、かなり改稿しました。 ◎ 12人の花嫁候補といちゃラブ嫁探し  俺の名前は新城司。いや、今は日乃本司というらしい。ごくごく平凡な学生のはずだった俺が、突如現れた美人メイド姉妹に拉致された先は南国の島。超巨大財閥・日乃本財閥の御曹司だと告げられた俺の前にずらりと並んだ12人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアター! (メディアワークス文庫) 感想

 さて、本も戻ってきたことですので、予告どおり標題作の感想など。 ◎ アートマネジメントの基礎がわかる本  小劇団「シアターフラッグ」は解散の危機が迫っていた。お金がないのだ。その負債額なんと300万円!  主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りてらりっ―深風高校文芸部 (一迅社文庫) 感想

 本当は「シアター!」の感想を書こうとしたのですが、本が見あたりません。どうもビール犬に持ち去られた模様。  シアター!の感想は本が戻り次第と言うことで。  その代わりと言っては何ですが、標題作の感想など。 ◎ 最近流行の部活モノ  小説家を目指す“文学少女”藤枝沙織が、憧れの「文芸部」へと足を踏み入れようとしたその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫) 感想

 標題作ではありませんが、有川浩の「シアター!」読みました。  いや、広い意味での業界関係者としては、よく書けてるなぁ…と感心しました。まさに新レーベル「メディアワークス文庫」が本来狙っているところにハマってます。  久しぶりに実のある感想が書けそうですので、これは後日のお楽しみ。  さて、標題作の感想など。 ◎ ト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2月のライトノベル読書まとめ

◎ 2月の読書 ※ 今回から、純粋に2月に読んだライトノベルをすべて挙げています。 そのうち、オススメ本に★を付けています。 本の並びは、読書順です。 ■ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc4 (ファミ通文庫) 著者:田尾典丈 ■ばけてろ 影の大統領はとてつもなく偉いのだ! (角川スニーカー文庫) 著者:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空色パンデミック1(ファミ通文庫) 感想

 3月は皆さん何かとお忙しい月ですね。  例に漏れず、私も公私ともに忙しくなってます。この春は、私も恐らく新たな環境に挑戦することになろうかと思うので、今、これまで溜まった「アカ」の掃除を少しずつ行うとともに目の前の仕事に精を出しています。  まあそういうことで、ここの更新が滞っていることをお詫びいたします。 …決してシビィⅣ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月購入予定のライトノベル

 最近日中は暖かいなぁ…と思っていたら、もうに3月ですね。  すいません、ちょっと遅れてしまいましたが、3月購入予定について。  (バックも桜に戻りました。) ◎ 3月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織田信奈の野望 2 (GA文庫)  感想

 近頃、シヴィライゼーション4にハマってしまい、なかなか感想がUPできなくて申し訳ありません。  一応1日1冊ペースで読んではいるのですが、感想を書く時間を惜しんでゲームをしているので、読後しばらくしていざ書こうとしたら本の詳細が思い出せないという悪循環に陥っています。  それでも、これから紹介します標題作は面白かったのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご主人さん&メイドさま―父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります (電撃文庫) 感想

◎ メイドスキーな変態とメイド王女様のハイパワーストーリー  メイド大好きオタク高校生・五秋陣こと「ご主人」と、傲岸不遜な金髪美少女「メイドさま」との主従逆転ドタバタラブコメ。第16回電撃小説大賞「銀賞」受賞作。  電撃小説大賞の銀賞といえば、過去綺羅星のごとき作家さんが名を連ねています。  今回銀賞受賞の本作ですが、最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校球児 ザワさん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 感想

◎ 女子高校生球児の日常  ささやかだけれど、かけがえのない日々。強豪野球部の紅一点・都澤理紗のなんてことない日常素描。部活少女へのフェティシズム溢れる、野球マンガの新機軸。スピリッツ賞出身の女流大器、三島衛里子連載デビュー作。  ネット上や新聞紙上でも評判になっていたので、購入しました。  高校球児を取り扱った作品は星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more