R-15 初めまして三角関係! (角川スニーカー文庫) 感想

 エロ妄想。  若いうちはいろいろと考えたものです。現在のようなインターネットでエロサイトやエロビデオ紹介サイトが簡単に閲覧できる環境ではなく、夜のおかずはエロ本かエロ写真か妄想かのいずれかでした。  エロゲーに手を染めたらエロゲーが立派なおかずになり、それ以上に萌えの力でSSまで書くようになりました。  あれから幾年月。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パパのいうことを聞きなさい! (集英社スーパーダッシュ文庫) 感想

 今日の日中はとても暖かく、冬だというのを忘れてしまいます。  ただ、朝晩はやはり寒いので、寒暖の差が激しくなり体調が狂いがちですので、みなさん十分お気を付けあれ。  さて、標題作の感想など。 ◎ おいたん奮戦記  大学に合格し、新生活をスタートさせたばかりの主人公・瀬川祐太は、新しい友人や憧れの人に巡り会い普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Baby Princess 3 (電撃文庫) 感想

 現職の国会議員が逮捕され、某幹事長の政治資金疑惑も盛り上がりを見せて参りました。  巷間の論調では、検察は実は焦っているから強制捜査に乗り出したとか、国会開会の前に身柄を押さえておきたかったとか、某幹事長が聴取に応じない見せしめとか言われていますが、自民党の勉強会に出席した石川議員の元秘書が、検察にかなり濃い内容をリークしたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンパレード・マーチ 逆襲の刻 津軽強襲(電撃ゲーム文庫) 感想

 ◎ 新たな戦い  突然勃発した主戦派によるクーデターは鎮圧され、首都・東京は静かな正月を迎えていた。しかし、5121小隊に初めて人間相手の戦闘を強いた内乱は、隊員たちの心に大きな負荷をかけた。そのストレスに壬生屋は再入院、滝川は過食に、さらには原の言動さえも怪しくなり始めていた。危うい状態の中、正月3日に北の大地から凶報が届く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るい家族砲計画っ!4 (ファミ通文庫) 感想

 スミマセン。3回連続前振り無しで標題作の感想など。 ◎ 無意味に派手な痴話喧嘩  長かった夏休み(?)を経て、さらに絆が深まった新城家ご一行。ところが主人公・拓真(パパ)の調子に乗った態度がきっかけで、美奈(ママ)との幸せ関係にヒビが入ってしまう。  「神カップル」の喧嘩はクラス全体をも巻きこんで男女間戦争へと発展し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れでぃ×ばと10(電撃文庫) 感想

 スイマセン、今回も前振りなしで標題作の感想など。 ◎ 10巻目にしてやっとゲートに収まった牝馬達  今回の秋晴はなんと、“れでぃ”たちとデートをすることに。  アキバ系王女様ピナとは観光スポット・秋葉原へ。みみなや鳳も従えて、オタクの聖地でとんでもない展開に。生粋の英国令嬢セルニアとは二人っきりで庶民派屋台でお食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺の妹がこんなに可愛いわけがない5(電撃文庫) 感想

 すいません、今日は前振り無しで感想に入ります。 ◎ 「黒猫派」涙目の5巻目  桐乃が旅立った。  そして新学期。「後輩」となった黒猫が現れる。  学校で友達が出来ない黒猫を心配し、世話を焼く京介。そこに登場する二次元男とBL女…。  本作品初、学園を主舞台とした5巻目。  今巻は、桐乃がアメリカに留学したので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンパレード・マーチ 逆襲の刻 (電撃ゲーム文庫) 感想

 読書メーターに登録しました。  1月1日分から付け始めていますが、自分の読書量がわかるので、とにかく励みにはなりますね。  おまけに、Amazonではわかりづらい、どんな本がたくさん読まれているかが一目でわかります。Amazonの書評の量は「読まれている本」とはイコールではないですからね。  沢山本を読まれている方は、是…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウガにズームUP! 4 (MF文庫J ) 感想

 打ち切り。  イヤな響きですね。  特に、2クール予定であったはずのアニメが1クールで打ち切った時のドタバタラストとか、3部作と言っておきながら2部までしか出ない上に、他社で単行本化したラノベとか、1巻だけ出版して長年置いてけぼりの続き物ラノベとか。 …2つめは単行本で全部出たし、3つめははどう考えても打ち切りとかいうレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風に乗りて歩むもの (ガガガ文庫)  感想

 新年早々、政治の世界ではいろいろ騒がしいですね。  某幹事長が秘書に対し、4億円を紙袋に入れて手渡しするって、一体いつの時代の話ですか?  朝、某みの氏が「普通じゃない」「常識的じゃない」とキッパリ言っておられましたが、私も同感です。そんな多額のお金を動かすのに、現在の常識的方法は口座間の移動でしょう。  今、我が職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京皇帝☆北条恋歌 4 (角川スニーカー文庫)  感想

 寒波到来。  いやぁ、寒いですね。  我が居所も、この冬初めて最低気温が氷点下でした。  この第4四半期という時期は、正月のオメデタ気分から年度末のお別れ気分まで一気に畳みかけられる3か月ですよね。  実は私、毎年2月の終わり頃からGWに入る当たりまで多少情緒不安定になります。(いわゆる「木の芽時」なので、多かれ少なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵・花咲太郎は閃かない (メディアワークス文庫) 感想

 年末年始は、旅行もせず、買い物や初詣以外の外出もせずにいたので、それなりに本が読めました。  西尾維新「傷物語」、竹井10日「東京皇帝☆北条恋歌4」、林トモアキ「ミスマルカ興国物語Ⅵ」、佐々原史緒「創立!? 三ツ星生徒会4 そうして恋3は辿りつく」、速水秋水「純愛を探せ!3」、そして標題作です。 …12月購入分がまだ残って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。  今年も、出来るだけライトノベルの感想を中心としてブログのページを埋めていきたいと考えております。  ただ、私もHPと言われていた時代から細々ながら10年以上続けている者としての「思い」があります。  それは、現実の生活とブログが「逆転」すると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ラノベ月次決算>12月に購入したライトノベル(12月発売分)

<ラノベ月次決算>12月に購入したライトノベル(12月発売分)  さすが年末だけあって、Amazonでは1月15日発売のGA文庫まで予約ができます。  早速、1月発売分をごっそり注文しました。  さて、ちょっと早いですが恒例の、12月ラノベ購入月次決算をしてみたいと思います。  既読には○、未読には-、既読で特に面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月購入予定のライトノベル(1月発売分)

 ここも年末進行ということで、少々早いですが。 ◎1月購入予定のライトノベル  この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。  如月的注目本は★を付けています。 <角川スニーカー文庫(1/1)>  R-15 初めまして三角関係!  (伏見ひろゆき) 寸評:面白いのか…と問われると、正直そこま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Kanon」京都アニメーション版を視聴した

 冬のボーナスを使って、アニメのDVDを収集しました。  集めたのはKanon(京都アニメーション版)、フルメタルパニックふもっふ、こみっくパーティー、ガンパレード・マーチの4種類。Amazon(一部楽オク)で中古品をかき集めました。新品ならば腰が抜けるほどの総額になったでしょうが、中古品なので、送料分が痛いもののそこそこの金額に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先輩とぼく(電撃文庫) 感想

 もうすぐクリスマスですね。 …といっても、この歳になると自分のためと言うよりも、子供のための行事でしかなくなります。  プレゼントどうしようとかケーキどうしようとか…ね。  クリスマス・イヴになると必ず思い出すのが、競馬の有馬記念。それも平成2年、オグリキャップが奇跡の復活と言われたあのレースです。  平成2年。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫)  感想

 先日、ネットなのか新聞なのか忘れましたが、こんな話がありました。  とある県の県議会でダム整備の決議を行いました。与党は自民党、政権党である民主党は野党です。  民主党は反対しましたが、議案は可決しました。  さて、皆様ご存じのとおり、政府への陳情は、民主党県連を通じなければならなくなりました。  県は早速民主党県連に陳情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じんじゃえーる! 2拝目 (HJ文庫) 感想

 神様。  日本では「八百万の神」と言われ、ここあそことそこらじゅうに神様が宿っていると考えられています。  だから、外来の神様も鷹揚に受け入れる素地があったのでしょう。八百万が八百万一になろうが八百万十になろうがさほど変わらないですからね。  いろいろな神様の話が小説で読める幸せ。それは、神というものに鷹揚な日本に生まれたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こもれびノート(HJ文庫) 感想

 先週の土曜日、彦根・長浜方面に日帰り旅行に行きました。  メインは長浜の黒壁スクエア周辺です。  時間は2時間という限られた時間だったので、おみやげ探しの街歩き&海洋堂ミュージアムに絞って見学しました。  海洋堂ミュージアムは、フィギュアのミュージアムなんですが、エヴァとてもたくさんありました。とにかくロボットモノたくさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more