いまさらD.C…

 お久しぶりのブログです。
 別にネタが無いって訳じゃないのですけど…。ブログで一番大事なのは「落ち着いてPCに向かう時間」ですね。(苦笑)

 さて…
 最近は、今更ながら「D.C.P.S~ダ・カーポ~プラスシチュエーション」(PS2)を始めました。
 本当は、かなり以前に購入したのですが、優先順位が低くほったらかし状態でした。しかし、先月レンタルビデオでD.CのOVAを数本借りてみて、興味が沸いてきたので、優先順位を上げました。

 進行状況ですが、現在、白河ことり、工藤叶、紫和泉子を終了しました。
 D.Cは「信者」が多い作品ですので、この時点での感想を書くのは危険ではありますが、まあ途中経過ということで。

 シナリオは、オーソドックスで悪くないです。ただ、ゲーム前半のマップ選択による「日々進行」部分が、マップ選択システムの弱点である「シナリオの齟齬」が強めに出てしまっているのが残念でした。例えば、前日Aという事象をBというキャラクターとの会話で聞いているにもかかわらず、翌日同じキャラから再度Aに関する説明を受ける…という事です。ある特定のキャラだけを追いかける「一本道」で進むことを前提とすることができないため仕方ないですが…。
 それから、オーソドックスであるがため、何となく「次」が読めてしまったりと、あまりサプライズは感じられませんでした。しかし、キャラの設定がしっかりツボを押さえてあります。特に、主人公には2つの特殊能力が設定されているものの、それが全く邪魔にならない「普通の人」設定であったことに好感が持てました。全体的なバランスは問題なく、人気ゲームであることには納得しました。所々「Kanon」や「To Heart」を意識しているな…という部分は散見(鍋とかバナナとかシャケおにぎりとか和菓子とかやたら食べ物が絡むあたり…)されましたが(笑)、私的には結構ジーンと来ましたよ。

 ちなみに、シナリオ自体の設定不備…例えば叶シナリオでは「何の前フリもなく音夢が初音島から出ていっていることになっている」とか、「叶が女性であることなんて、生まれたときから隠しているならまだしも、狭い「島」で近所に住んでいる人なら誰でも知っているはずなのに、ことり以外の生徒は誰も知らないなんて却って不自然」とか、「色恋沙汰はダメで男に見せかけておいて、どうやって一生の伴侶を見つけるのか(それも男の。もし朝倉が単なる「男色家」だったら叶は不幸)。それなら男に見せかける必要はなく、だから今回の結末はちょっとご都合主義?」…が所々散見され、シナリオの完成度という点ではマダマダという感じです。

 今度、「ダカーポⅡ」(詳細→D.C.II ~ダ・カーポII~ 初回限定版)が発売されるそうですが、購入はまだ迷っています。

 最後に…
 やっぱり大和撫子はイイ…。和服姿の叶タン最高!

D.C.II ~ダ・カーポII~ 初回限定版

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック