再び「ガンダム」

 再びガンダムネタ。

 現在、Zガンダム読了。次はZZガンダム全2巻購入済み。
 うーん…あまり本を読んでいない人間が評するのも何ですけど、小説としてはハッキリ言ってヘタだと思うんですよ、富野さんの文章。ファーストガンダムよりはZガンダムのほうがうまくなっている「進化」は見えますが、唐突に場面変換するわ、いきなり作者の思い入れたっぷりの「演説」はするわ…。
 しかし、それでも読み続けてしまうのはアニメのカット割風で、頭の中でシーンが想像しやすいからかもしれません。(その分、深みがありませんが。(苦笑))

 2シリーズ目のZガンダムですが、もう早くもワンパターン化の傾向が見られます。Zガンダムなんか、ニュータイプ同士の「融合」ネタばかり。一歩間違えたら三流恋愛小説(まあそもそもライトノベルな訳ですが…)のようです。さすがニュータイプだからなのか、あるいは戦争中だからなのか、ちょっとした出会いだけでお互いがわかってしまうみたいです。普通ならもう少し「恋人たち(?)」の心情描写があってしかるべきなのに、それがとっても少ないので、オールドタイプの私には本当に薄っぺらに感じてしまいます。

 ただ、私も「洋上研修」で経験しましたが、閉鎖的な空間の中で行動や生活を共にした人たちは、例えば1週間という短期間でも濃密な時間を過ごすことができ、それが友情や愛情に変わるのは簡単です。まあ、短期間の場合は結局「吊り橋効果」なので醒めるのもまた早いですがね…。
 アムロやカミーユが搭乗していたホワイトベースやアーガマのクルーもそんな感じなのかも。


 それにしても、カミーユ、おまえ節操無さ過ぎ!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック