とらドラ! 感想など

 灯りをつけましょ雪洞(ぼんぼり)に
 お花をあげましょ桃の花
…うーん、昔戯れで書いた「To Heart」のSSの出だしを思い出してしまった。

 それはさておき。
 今日は引き続きラノベの感想など。
 今日は「とらドラ!」(竹宮ゆゆこ著:電撃文庫)です。

 現在6巻まで刊行。サイドストーリーとして「とらドラ! スピンオフ」も1巻あり。あらすじはココ。

 前回書いた「私たちの田村くん」と同じ竹宮ゆゆこのハイパワーラブコメ。今作は「田村くん」のような絶叫!ダッシュ!は少ないものの、ヒロイン逢坂大河の木刀が唸ります。(笑)

 お互いの好きな人が違っていて、でも同棲同然な生活をして、お互い「大切な人」と思っている妙なカップリング、高須竜児と逢坂大河を中心とした物語です。

 竜児の異様なまでの家事好きとか、手乗りタイガーと恐れられている大河の「実はドジっ娘」ぶりとか、竜児の親友北村やクラスメイト春田の見事なボケっぷりなど、各主要キャラが生き生きと動き回り、ラブコメらしい笑える要素満載です。しかし、当然シリアスがあるからこその作品の拡がり。今回も竹宮流「普通ではない人」の底辺に流れる「バックボーンの暗さ」をネタにしたものが随所に散りばめられています。
 
 今作のキモは、何と言っても大河、櫛枝実乃梨、川嶋亜美の3人の女性の心の動きだと思います。
(※どうでもいいことですけど、川嶋の「嶋」の字といい、「わたしたちの田村くん」のヒロイン松澤小巻の「澤」の字といい、これ、何かこだわりがあるんでしょうか?)

 彼女らの心の動きを読み込むのはなかなか複雑で難しいです。大河は北村が好き。しかし、泣きながら「竜児は私のもの」という爆弾発言をかましています(その意味は不明ですが)。竜司は実乃梨が好き。実乃梨はそんな竜児の気持ちを気づかない振りをしていますが、最新刊ではこれまでほとんど無かった実乃梨の戸惑いの行動とラストの亜美の思わせぶりな発言が物議を醸しています。その亜美は、話の中ではハッキリしませんが恐らく竜児が気になっています。
 もしかして、竜児と大河が気付かないヘンテコな四角関係??

 ホント、この先が気になって気になって仕方がありません。
 如月的オススメです。


 ちなみに、今後オススメ書評を書きそうな作品は以下のとおりです。
 「わが家のお稲荷さま」(柴村仁著:電撃文庫)
 「ギャルゴ!!!!!」(比嘉智康著:MJ文庫)

 柴村仁さん、竹宮ゆゆこさん、以前書いた桜庭一樹さん。
 オススメ本に登場する作家さん、偶然ですが女性作家さんが多いのです。

 女性が書く「女性」がカワイイくて、しかし微妙に「黒い」のがいいのです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「雪洞」についてのクチコミブログをピックアップ

    Excerpt: 雪洞 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… Weblog: クチコミブログをピックアップ racked: 2008-03-03 12:29
  • ぼんぼり 語源

    Excerpt: 球と直線のコントラストがまるで雪洞のよう♪インターフォルム フロアライト SEED LT-2169 ブラウン商品価格:19,799円レビュー平均:0.0【神具】白木雪洞燈台(六角台) 2尺5寸商品価格.. Weblog: 採れたてフレッシュ!流行日誌 racked: 2008-03-03 15:43