2月購入予定のライトノベル

◎ 2月購入予定のライトノベル


 この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。
 如月的注目本は★を付けています。


<角川スニーカー文庫(2/1)>
 ばけてろ 影の大統領はとてつもなく偉いのだ! (十文字青)
寸評:一風変わったオカルトラブコメのようなもの…ですが、このユルさが何となく気になります。


<HJ文庫(2/1)>
 ギブあっぷ3! (上栖綴人)
寸評:過激な表紙絵から受ける印象とは違う、真面目な恋愛モノです。


<電撃文庫(2/10)>
★狼と香辛料 XIV (支倉凍砂)
寸評:今回はロレンス苦渋の決断!?

 ロウきゅーぶ!4 (蒼山サグ)
寸評:ロリコンだと言いたければ言え!カワイイは正義だ!…でもスポ根です。

★神のまにまに!3 ~真曜お嬢様と神芝居~ (山口幸三郎)
寸評:ヘッポコ様はポコバージョンでもアマテラスバージョンでもOK!妙に人間くさい神様達のお話。


<電撃ゲーム文庫(2/10)>
★ガンパレード・マーチ 逆襲の刻 弘前防衛 (榊涼介)
寸評:ガンパレが毎月発売なんて素敵すぎる!


<GA文庫(2/15)>
 織田信奈の野望2 (春日みかげ)
寸評:歴女涙目!女だらけの戦国ラブコメ??桶狭間後の信奈たちの活躍に期待。

 みんなのヒ・ミ・ツ3 (鯨晴久)
寸評:メガネっ娘妄想少女・梢部長ラブです。それ以外の購入理由はありません…てことはなくて、楽しいラブコメです。


<小学館ガガガ文庫(2/18)>
 サキちゃんと天然さん (陸凡鳥)
寸評:ゆるゆるまったりお笑いノベルだそうで。自らお笑いノベルと言っているところにそれなりの自信があるように見えた。最近のガガガ文庫は地味に当たりが多いので、お笑い好きとしては購入せねば。

★ながれで侵攻!! 邪神大沼3 (川岸殴魚)
寸評:前回、個人的には今ひとつの「流され方」をした大沼君。もっと「運命」に抗って欲しい!

★ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星 (壱月龍一)
寸評:予想外にいい純愛話だった前巻からどういう展開になるのか、期待の一冊です。


<一迅社文庫(2/20)>
 文芸部発マイソロジー3 (早矢塚かつや)
寸評:風呂敷がデカくなりましたが、果たして収拾がつくのか?


<富士見ファンタジア文庫(2/20)>
★SH@PPLE ―しゃっぷる― 8 (竹岡葉月)
寸評:クライマックス…なのか?終わりそうで終わらないこの本、引っ張り方がうまいなぁ…。

 蒼穹のカルマ4 (橘 公司)
寸評:この本はまだ1巻しか読んでいませんが、そこそこ面白かったので。この主人公は、本来「脇役風侍少女」のパターンですが、それを主役にしたらこうなるという感じですね。


<スーパーダッシュ文庫(2/25)>
★パパのいうことを聞きなさい!2  (松智洋)
寸評:なかなか良かった前巻。しかしあれからどう展開させるのか。単なるテンプレラブコメにならないことを祈ります。


<メディアワークス文庫(2/25)>
 探偵・花咲太郎は覆さない (入間人間)
寸評:前巻は何となく顔見せ風に書かれていて今ひとつよくわからなかったので、もう一冊様子見を。

 一人ぼっちの王様とサイドスローのお姫様 (仮) (柏葉空十郎)
寸評:作者買い。電撃のデビュー作が面白かった。前作はやはり電撃でラブコメ書いて失敗。作風はメディアワークス文庫のほうが合っているような気がします。

※柴村仁「プシュケの涙」は移籍?


<MF文庫J(2/25)>
 かぐや魔王式! 第6式 (月見草平)
寸評:涼宮ハルヒからSF風味を薄くしたようなラブコメ。今回はハラグロのライバル登場らしい。

 ディーは人型魔装具です。2  (淺沼広太)
寸評:この本は、ディーの可愛さに癒されるための本です。


<ファミ通文庫(2/27)>
★バカとテストと召喚獣7.5 (井上堅二)
寸評:おぉ、バカテス新刊早い!今度は短編集。


 計 20冊です。


 そのほか、2月は各レーベルの受賞作が沢山出ているので、その中から評判のいいものを数作ピックアップするつもりです。

ばけてろ 影の大統領はとてつもなく偉いのだ!
角川書店(角川グループパブリッシング)
十文字 青

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック