6月購入予定のライトノベル

◎ 6月購入予定のライトノベル

 6月の声を聞く前に、梅雨になっていますね。
 湿気が多いときは、私の身体と精神の調子が下降線になるので、憂鬱です。
 憂鬱と言えば、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ。「驚愕」は、今日から4年前の「分裂」を読んで、思い出しつつ読み始めたいと思っています。

 この時点で…となると、当然続き物に偏るのはご愛敬と言うことで。
 如月的注目本は★を付けています。


<角川スニーカー文庫(6/1)>
★子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき (玩具堂)
寸評:ライトノベルっぽい、身近な問題をミステリー仕立てに推理する学園ライトミステリーラブコメ??。
関係者それぞれが抱える事情が徐々に明らかに。


<HJ文庫(6/1)>
 ひきこもりの彼女は神なのです。2  (すえばしけん)
寸評:その住人のほとんどが神様という特殊な学生寮で暮らし始めた主人公。タイトルとは裏腹に、思いの外シリアス部分が多く、もう少し明るさがほしいところですね。

 うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。2  (空埜一樹)
寸評:《裏生徒会》の活躍物語。設定は少々「かぐや魔王式」に似ているが、明るさという点では「かぐや」に譲るし、内容もまだまだこれからという感じですね。

 前略。ねこと天使と同居はじめました。 三匹目 (緋月薙)
寸評:1巻目のしっとりと落ち着いた雰囲気から、早くも転換。神様がらみだけに何でもありの超展開は、ちょっとばかり読者を裏切っているような。今巻は、黒髪ロングのロリ登場。


<電撃文庫(6/10)>
★はたらく魔王さま!2 (和ヶ原聡司)
寸評:前巻は新人作品とは思えない面白さでした。”庶民派”魔王の活躍と、脇を固める人々の

 竜と勇者と可愛げのない私4 (志村一矢)
寸評:今度は敵中突破??アンジュデレるのか??少なくとも表紙は可愛くなっている。

 血吸村へようこそ (6) (阿智太郎)
寸評:ついに宣教師が村に戻る。主人公と少女たちの結末やいかに。

★七姫物語 第六章 ひとつの理想 (高野和)
寸評:涼宮ハルヒ同様、前巻は何年前??の状況。また前巻を読まないと思い出せない…。

 カミオロシ ~縁結びの儀~  (御堂彰彦)
寸評:前作「付喪堂骨董品店」シリーズが好きだったので、新作も期待しています。


<GA文庫(6/15)>
★織田信奈の野望6 (春日みかげ)
寸評:前巻感動のラスト。6巻目は本能寺ならぬ本猫寺??猫耳なのか??

 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる2 (裕時悠示)
寸評:「踊る星降るレネシクル」の作者。こちらはまだ出だしなので、面白いのはこれからか。

★深山さんちのベルテイン2 (逢空万太)
寸評:こちらは「這い寄れニャル子さん」の作者。前巻は1巻目なのにそこそこ面白かった。登場人物たちの人間関係が何かいい感じ。


<小学館ガガガ文庫(6/17)>
★あえなく昇天!! 邪神大沼7 (川岸殴魚)
寸評:今度は死んでしまう大沼君。相変わらずいじられ方が斜め上を行っている。

 赤鬼はもう泣かない (明坂つづり)
寸評:審査員特別賞受賞作。…ということで当たり外れが大きいと思われるが、ガガガなら何かやってくれそう。イラストは、「ココロコネクト」シリーズの、また「けいおん」との関係が取りざたされている白身魚氏。

 放課後あいどる 僕と生徒会長の×× (鴨志田一)
寸評:監修付きでイロモノ臭が漂うが、「さくら荘のペットな彼女」の作者に期待。


<一迅社文庫(6/20)>
 死神のキョウ5 (魁)
寸評:死神ドタバタラブコメディ…らしいんですけど、あまりドタバタコメディ臭がしないのは私だけか。


<富士見ファンタジア文庫(6/20)>
★生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5  (葵せきな)
寸評:だんだんラストへ近づいている「生徒会シリーズ」。…の前に裏話満載の短編集だ。

 中の下! ランク5.上の下から旅立つオレ (長岡マキ子)
寸評:「変態ラブコメから、いつの間にやら王道ラブコメへ。感動の最終巻!……かな?」(オフィシャルweb)と書かれていますが、まさにその通りです。


<スーパーダッシュ文庫(6/24)>
なし


<メディアワークス文庫(6/25)>
なし


<MF文庫J(6/24)>
★お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ3 (鈴木大輔)
寸評:トボけた味があって、なかなか面白い。こんな妹、楽しそうでいいよね。

★まよチキ!8 (あさのハジメ)
寸評:倒れた奏はどうなるのか??

 カフェとオレの先輩!2 (樋口司)
寸評:中途半端な「金持ち」「帝王学」設定は話の腰を折るので、やるならば徹底して欲しい。

 神なる姫のイノセンス4  (鏡遊)
寸評:美少女たちと夢の無人島旅行! みんな俺の嫁状態の主人公が無人島旅行なんてうらやましすぎ。


<ファミ通文庫(6/30)>
★バカとテストと召喚獣9.5 (井上堅二)
寸評:多くを語らなくてもいい人気作の短編集です。



 計 23冊です。


 まだまだ周回遅れから脱出していない私としては、23冊は多い…。



子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき (角川スニーカー文庫 229-3)
角川書店(角川グループパブリッシング)
玩具堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき (角川スニーカー文庫 229-3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック